打ち直しをすれば廃棄直前だった羽毛布団が新品同様に元通り

こちらを見つめる女性

羽毛布団を打ち直してふかふかに蘇らせよう

赤ちゃん

毎日の睡眠を支えてくれる羽毛布団ですが、年月とともに全体がヘタってきます。羽毛の種類にもよりますが5年以上使用するとかなり傷んでしまいます。原因は睡眠中の寝返りや汗の吸収などで、羽毛が劣化してしまうことにあるようです。
新しい羽毛布団を買い替えるとなると費用がかさみますよね。しかし打ち直しという布団のリフォームをすることで、なんと購入当初の「ふかふか」が蘇るのです。打ち直しとは、布団を一度解体して既存の羽毛を洗浄、乾燥させたうえで、足りなくなった羽毛を加え新しい側生地に仕立て直しをするというものです。
いまご使用の布団が気に入っている、または高級な羽毛である場合、専門業者に打ち直しの依頼をすることをお勧めします。布団の中身は普段見ませんので信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。その際は、設備や管理、廃棄物処理などにおける厳しい審査基準をクリアした「日本羽毛製品協同組合のリフォーム認定工場」であるかどうかが一つの目安となるでしょう。
メリットをまとめると、新品を購入するより安く済み、環境への負荷も少ない。そして使い慣れた布団をふかふかな状態に戻せる。この機会に羽毛布団をリフォームして、快適な睡眠環境を取り戻してみてはいかがでしょうか。

MENU